コンテンツに進む

【2022年 最新】財布の使い初めにピッタリの最強開運日

18 Feb 2022
【2022年 最新】財布の使い初めにピッタリの最強開運日

お財布を変えるといいと言われる開運日があることをご存じですか?

お財布を新調するなら金運がアップする開運日から使い始めたいですよね!
金運アップにつながる日がいくつかあり、その吉日に新しいお財布を「使い始める」と運気がアップすると言われています。

金運アップを願う方の為に、2022年の最強開運日をご紹介します。

財布を使い始める絶好の日はいつ?

ずばり、財布の使い始めにピッタリの日は「天赦日(てんしゃにち)」「寅の日」「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」の3つ

通常のカレンダーには記載がないのでそれぞれどんな日なのかを紹介していきます。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

「もたげるほどの実をつける稲穂は、一粒のもみから育つ」ことから、
少しのものからでも大きく成長していくことを例えた、
何倍にも大きく発展させたい物事をスタートさせるのに良いとされる日です。

お金にもその例えを当てはめて何倍にもお金が膨らむ(増える)日と言われ、金運アップに最適な日と言えます。
また、一粒万倍日は万倍になって戻るとされることから、ほかの吉日が重なる日は最強と言われています。

寅の日(とらのひ)

十二支の寅(とら)からきている吉日で、12日ごとに毎月巡ってきます。
虎の体が金色に縞模様であることから、「金運の象徴」と言われてきました。

「千里を往って千里を帰る」という虎になぞらえ、「寅の日」は、お金を使ってもお財布に戻ってくる「金銭面での吉日」と言われています。
さらに、寅の縞模様は金運の象徴としても知られているんです。
出ていったお金が舞い戻るという意味を当てはめ「金運招来日」とも言われています。

天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)

この日は、「天が全ての物事や罪を赦(ゆる)す日」とされており、何事もうまくいく最高の吉日とされています。
始めることをためらっていた、これから新しいことを始めようとしていることなどをスタートさせるのに良い日。

「天赦日」は、季節と日の干支で決まり、大体1年間に5、6日しかない貴重な吉日です。

2022年の最強開運日は?

ここから紹介していくのは最強の開運日です。

すべてが財布の使い始めにおすすめな日!
「天赦日」「寅の日」「一粒万倍日」など、縁起の良い日が重なった日にちをピックアップ

<2022年>

1月11日(火)最強開運日 ※一粒万倍日・天赦日・天恩日
3月26日(土)超最強開運日 ※一粒万倍日・天赦日・寅の日
6月10日(金)最強開運日 ※一粒万倍日・天赦日

人気商品

閉じる
最近購入されました。

最近見た商品

最近見た商品
Back To Top
閉じる
バリエーションの変更
閉じる
商品についてのお問合せ

What is Lorem Ipsum?

Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industry's standard dummy text ever since the 1500s, when an unknown printer took a galley of type and scrambled it to make a type specimen book. It has survived not only five centuries, but also the leap into electronic typesetting, remaining essentially unchanged. It was popularised in the 1960s with the release of Letraset sheets containing Lorem Ipsum passages, and more recently with desktop publishing software like Aldus PageMaker including versions of Lorem Ipsum.
Why do we use it?
It is a long established fact that a reader will be distracted by the readable content of a page when looking at its layout. The point of using Lorem Ipsum is that it has a more-or-less normal distribution of letters, as opposed to using 'Content here, content here', making it look like readable English. Many desktop publishing packages and web page editors now use Lorem Ipsum as their default model text, and a search for 'lorem ipsum' will uncover many web sites still in their infancy. Various versions have evolved over the years, sometimes by accident, sometimes on purpose (injected humour and the like).

閉じる
再入荷お知らせ
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
flatoo(フラトゥー )ミニマリスト向け商品専門店

購入をご検討ですか?

初めての方限定クーポン

5% off

カート画面でクーポンコードを入力するか
「クーポンを取得」でご利用いただけます。

クーポンコード

new5off

クーポンを取得
おすすめ商品 6